カロリー制限を気にしなくてもいい「糖質制限ダイエット」でスリム体型

ダイエットで一番ツライのは食事量の制限だと言われています。カロリーを制限するは大事だけど面倒で続かないという人が続出。そんな人にはカロリーより糖質。糖質を制限すれば量を減らすことなくしてしてすっきりスリムな体型に。

*

油を吸収しないでいてくれるダイエット薬品はゼニカル

ダイエットの強い味方に、ゼニカルという薬があります。

これは、サプリメントやダイエット食品とは根本的に違いがあり、れっきとした医薬品なのです。スイスの製薬会社であるロシュ社が開発したもので、海外では既に承認され販売もされています。

ただし、日本では未承認ですので、もちろん健康保険は適用になりません。使用したい場合は自分で輸入に頼るか、自主的に輸入している医療機関に処方してもらうことになります。

リパーゼの働きで油分を阻害

この薬は、オルリスタットという有効成分を含有しています。オーリスタットと呼ばれることもあり、食物中に含まれる油、脂肪の吸収を抑制してくれる働きがあるのです。

ではどのような仕組みで吸収を抑制するのか?

食事中の脂肪分は、そのままの形で体内に吸収されるわけではありません。消化管、主には小腸で消化され、酵素に分解されるのです。この消化酵素がリパーゼと呼ばれます。

リパーゼにより、脂肪は脂肪酸とグリセリンと呼ばれる化合物に分解され、こうなって初めて小腸から吸収されるのです。ゼニカルは、このリパーゼの働きを阻害し、そのため、油の分解が阻害されるわけです。ダイエット医薬品であるゼニカルの服用により、およそ3割が分解されず、従って吸収しないことになるのです。

その油はどうなるのかというと、そのまま排泄という形で体外に出すことになります。

ゼニカルの副作用について

副作用などの注意点ですが、下痢や脂肪便が起きることがあります。

確かにこれらの症状が起きると困ることがあるのは事実でしょうが、これはこの薬の働き方からみて、起こっても仕方がありません。むしろ薬が効いている証拠とも言えます。ですから、自分にも起こるものと思って対策を考えておいたほうがよさそうです。

ところで、ゼニカルにはその他の副作用はあまりありません。というのも、この薬は他の一般的な薬のように、薬自身が小腸から吸収されて全身循環に乗り、患部に達して効果を発揮する、というタイプのものではないからです。

ゼニカルは消化管内でのみ働き、この薬自身も小腸から吸収されることがほとんどありません。ですから、消化管系の副作用は起こっても、その他の副作用はそもそも起こりにくいのです。

ゼニカルは食欲を抑制するわけではなく、食事は普通に食べて全く問題ありません。いったん吸収した脂肪の代謝を促進しようとするわけではなく、そもそも吸収をシャットアウトしようとする、全く新しいタイプの医薬品で、ダイエット目標を達成しましょう。

▼お店には売っていない!美容外科や美容皮膚科で使われている医薬品
痩せる薬

公開日:
最終更新日:2016/07/13