カロリー制限を気にしなくてもいい「糖質制限ダイエット」でスリム体型

ダイエットで一番ツライのは食事量の制限だと言われています。カロリーを制限するは大事だけど面倒で続かないという人が続出。そんな人にはカロリーより糖質。糖質を制限すれば量を減らすことなくしてしてすっきりスリムな体型に。

*

どうしてもダイエットが続かない理由とは?

      2016/07/12

ダイエットの必要性は感じていても、なかなか続かないということに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

失敗を繰り返すと、より痩せにくい体質になってしまうということもあります。できれば問題なくスムーズに取り組みを続けていけるように、問題点を把握してプランを立てていきたいものです。

目標がハード過ぎる

まず大きな問題として、急激に体重を減らそうとハードな目標を立ててしまうということが挙げられます。

もちろん初めはやる気があってよいのですが、やる気が失われてきた時にそのまま取り組み自体を止めてしまうということが起こるのです。私たちはダイエットのためだけに生きているわけではありません。普通に生活をし、勉強や仕事をしていく中でどうしても忙しい日、疲れてしまう日などもあるものです。

毎日達成できない量の運動や食事制限を自分に課すことで、達成感も得られずに続けるモチベーションを失っていくことになります。続けていくということをまず最優先にするなら、目標をちょっと緩めておくということも必要でしょう。無理のない範囲で最低限これだけはこなすということを作ってみるのもコツです。

それを毎日続けることで、自分の中で達成感を得られ、さらに諦めにくくなります。

体重は急激に減らさず徐々に

体重やサイズなどの結果だけを見るのではなく、自分がどれだけ努力できたかということで測るのも大切です。

運動などをしばらく続けていくと、体重が落ちにくくなる停滞期があります。停滞期は誰にでもやってくることなので、その時に結果が出ないからと諦めてしまうのではなく、やったことを見ていくようにする必要があるのです。

こうした形で続けやすい考え方へと変えていきましょう。

運動や食事はバランスよくストレスなしで

また、諦めてしまう理由として、他にストレスが大きいことが挙げられます。

運動が苦手な人が運動をする、食べることが好きな人が食事を制限するということは思ったよりも負担が大きいものです。その辛さに耐えられなくなると、取り組みを続けることが難しくなっていってしまいます。

食事を完全に制限するのではなく、バランスよく食べるようにするなど、急激に制限するのではなく徐々に健康的な形へ変えていくという形なら負担が少ないでしょう。

運動にしても、自分が楽しめるものを取り入れていくようにするとよいでしょう。そこから回数を増やす、もう少し頑張ればできるといった運動を増やしていくのもよいでしょう。好きな音楽に乗せて体を動かすということも続けやすくする効果があります。

このように、目標の立て方やストレスのたまらない取り組み方にすることを意識していくことで、ダイエットが続かないという悩みはかなり軽減できることでしょう。