カロリー制限を気にしなくてもいい「糖質制限ダイエット」でスリム体型

ダイエットで一番ツライのは食事量の制限だと言われています。カロリーを制限するは大事だけど面倒で続かないという人が続出。そんな人にはカロリーより糖質。糖質を制限すれば量を減らすことなくしてしてすっきりスリムな体型に。

*

糖質制限ダイエットでのおすすめメニュー

      2016/08/29

糖質制限ダイエットではどんなメニューなら食べて良いのか、悪いのかを始めにしっかり知っておきましょう。
ダイエットに肉は敵のような風潮がありますが、糖質制限ダイエットでは肉はおすすめです。

野菜でもイモ類は糖質が多い

野菜の中でもイモ類やレンコン、ゴボウなどは意外に糖質が多い野菜となっています。
レンコンやゴボウなどは繊維質も多く、ダイエットに向いてるのではないか?と思われる人も多いでしょう。もちろん繊維質という意味ではそうですが、糖質制限ということになると向いていない野菜となります。繊維質を気にするようであればおすすめはキノコ類です。糖質は低く繊維質も豊富となっている野菜なので糖質制限にはとても向いています。

おすすめのメニューとしてはポテトサラダのジャガイモをおからに替えた「おからサラダ」はどうでしょうか。生のおからや使いやすい乾燥しているおからなどがありますし、マヨネーズは糖質が低いためにこれも向いています。ただ、カロリーが気になるようでしたらカロリーオフを使うようにすれば大丈夫です。

麺類は思った以上に糖質が多い

うどんや蕎麦などはとてもヘルシーなイメージがないでしょうか。思った以上に糖質が多いのが蕎麦です。

蕎麦はカロリーが低いのは知られていると思いますが糖質はうどんよりも多く、ざる蕎麦1人前はハンバーガー1つよりも多いのです。さらにトッピングをすればその分、糖質もカロリーも上がってしまうこととなります。そして蕎麦つゆにはみりんなどが使われているので糖質はあがります。蕎麦が好きな人は最後に蕎麦湯を楽しむと思いますが、この蕎麦湯でも糖質が上がってしまいます。

このような説明になると蕎麦は食べてはいけない?と思われると思いますが、決してそうではありません。現在では糖質が少ない蕎麦も出回っていますし、トッピングも糖質の少ない大根おろしやキノコ類にするなどをすれば食べてはいけないものではないのです。

肉や魚、卵などは糖質が少ない

意外に思われる人もいるかと思いますが、肉や魚、卵などは思ったより糖質が少なく糖質制限ダイエットには向いている食材です。

肉の場合は脂身には注意をしておきましょう。糖質は低くなりますが脂質が高くなります。出来ればなるべく脂身の少ない部位を選び調理方法や調味料などにも気を付ければおすすめのメニューとなります。

魚の場合は青魚に含まれるDHA・EPAは脂肪の燃焼に役立ちます。ですので、調理法とすればフライなどの揚げ物は避けてシンプルに焼き魚などがおすすめです。

スイーツもお酒も糖質オフを選ぶ

やはりダイエットには甘い物もお酒も控えるべきというのが前提でしょう。
しかし現在ではスイーツもお酒も糖質オフというものが沢山出回っています。こういったものを取り入れることによって全てがダメではないということを覚えておけば我慢する頻度も減ることでしょう。

糖質を全く取らないのは危険

糖質制限の食事やメニューを伝えてきましたが、あくまでも「糖質制限」です。糖質を取ってはいけないということではなく、最低限は取らないといけない栄養素です。白米やパン、麺類、イモ類などを全て取らない生活には問題があります。例えば白米などは夜は取らないようにするとか、パンや麺類も糖質の少ないものを選んだり量を減らすといったことで十分制限していけます。

生きていくのに食事はとても大切です。これは食べてはいけない、これは食べないといけないと言ったことだけに捕らわれず、食べることも楽しみの1つにしていきましょう。